音楽の箱庭

いいな!と思ったアニソンや邦楽、洋楽、映画音楽等を紹介するブログです。

【雨の日に聴きたい】雨や傘にまつわるオススメ曲7選!雨の日をより満喫したいあなたへ

 

f:id:pm_neak:20200628204625j:plain

 

どうも、PMです。

 

こんにちは。雨の多い季節になりましたね。

さて、今回は「雨の日に聴きたいオススメ音楽7選」というテーマで記事を書いていきます。

 

でも実を言うと、有名どころの曲は色々な方が紹介してくださっていて筆者が入り込む隙もありません。

そんな訳で、ここでは他の記事であまり紹介されていない曲を集めてみました。

もちろん、有名な曲も知りたいよって方は、他の方のブログも併せてご覧いただければと思います。

 

あなたの雨の日の過ごし方に合った曲が見つかれば、筆者としても幸いです。

 

では始めます!

 

※ここで紹介する、最後の「雨とカプチーノ」を除いた6曲には全て「傘」が歌詞に出てきます。

どこに、どんな意味を持って出てくるのかを気にして聴くと、また違った楽しみ方ができるかもしれません。

 

目次


King Gnu - 傘 OFFICIAL AUDIO

King Gnu        作詞・作曲 : 常田大希

さて、1曲目はKing gnuの「傘」です。

2019年10月に配信され、「アルフォート」のテレビCMに書き下ろされた楽曲です。

リズムやメロディラインが非常に独特で、何度聴いても飽きないような底知れぬ魅力があります。

憂鬱な内容の歌詞に反して曲調は軽妙で、バックに流れている特徴的な音色が良いスパイスになっていますね。

また、MVは一見ただの静止画に思えますが、実はとても手が込んでいて遊び心に溢れているんです(女の子が成長したり、サビに入ると雨脚が強くなったり、背景の街並みが変わったり…etc)

何度も見ているうちに、もしかしたら新しい発見があるかもしれません。

傘

  • King Gnu
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
傘

  • 発売日: 2019/10/11
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

ちなみに筆者はアラーム3回鳴っても起きられません。

umbrella


SEKAI NO OWARI「umbrella」【Official Audio】

SEKAI NO OWARI        作詞 : Fukase    作曲 : Fukase・Saori

続く2曲目はSEKAI NO OWARIの「umbrella」。

2020年6月にYouTube上に公開され、ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」の主題歌でもある楽曲です。

世界観が素晴らしく、曲調からは淡い儚さに加えて雨季特有の湿度感のようなものが感じられます。

Aメロの冒頭「私は君を濡らす〜」から流れる力強いドラムと、Fukaseさんの透き通った歌声が組み合わさって非常にドラマチックな楽曲になっていますね。

また歌詞では「傘」視点で語られているようですが、物が主役の曲って結構珍しいのではないでしょうか?

(筆者そういうの気になるので、調べて今度記事にしようと閃きました今。お楽しみに!) 

umbrella

umbrella

  • SEKAI NO OWARI
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
umbrella

umbrella

  • 発売日: 2020/06/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

ジャケットの女性、MVでは微かに髪が揺れてるの知ってました?

Rain


OST. Garden of Words - Rain (Original Soundtrack)

秦基博  カバー : 秦基博 原曲・歌・作詞・作曲 : 大江千里

3曲目は「Rain」。

アニメーション映画『言の葉の庭』の主題歌で、1988年に大江千里さんがリリースした「Rain」を秦基博さんがカバーした楽曲です。

憂いを帯びたメロディや曲調が印象深く、ジャズやR&B独特の雰囲気が感じられます。 「Lady 君は雨にけむる〜」の部分で曲の印象が変わるところが筆者は好きですね。

失礼にあたるかもしれませんが、映画のクライマックスで「Rain」が流れた時、この映画のためにある曲なんじゃないかと感じるくらいシーンに溶け込んでいたと思います。

Rain

Rain

  • 秦 基博
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Rain

Rain

  • 発売日: 2017/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
Rain

Rain

  • 大江 千里
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

レイン


SID RAIN

シド  作詞 : マオ 作曲  : ゆうや

4曲目は「レイン」です。

アニメ『鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST』最終期のop。

サビのメロディラインが非常に印象的です。曲自体はロック的な激しさがあるのですが、その裏には痛みや悲しみが垣間見える気がします。

「雨はいつか止むのでしょうか」のフレーズは有名で、アニメを見たことない方も一度は聴いたことがあるのではないでしょうか。

「雨」を題材にしているだけあり、曲調がとても雨の日にマッチしていますね。

この曲を聴きながら雨の街を歩いて感傷に浸るのも良いかもしれません。

レイン

レイン

  • シド
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
レイン

レイン

  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

RAIN


SEKAI NO OWARI「RAIN」Short Version

SEKAI NO OWARI        作詞 : Fukase・Saori    作曲 : Nakajin・Fukase・Saori

アニメーション映画『メアリと魔法の少女』の主題歌。

歌詞にもあるように、まるで空に虹がかかったような希望を感じさせる曲です。

ピアノの伴奏やバイオリンの旋律が本当に美しいですね。 歌声ももちろん素敵ですし、曲終盤に少しだけ流れるピアノソロが印象的。

また、「虹はいずれ消えるけれど雨は草木を育てていくんだ」という歌詞を聞いて、筆者はなるほどなあと思いました。こういう視点好きです。

RAIN

RAIN

  • SEKAI NO OWARI
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
RAIN

RAIN

  • 発売日: 2018/07/07
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 カワキヲアメク


美波「カワキヲアメク」MV

美波  作詞・作曲 : 美波

アニメ『ドメスティックな彼女』OP。

この曲の特徴は何といっても歌でしょう。声質からは想像できないような、感情的で力強い歌声は何か心に来るものがあります。

冒頭のセリフ直後に流れる激しいピアノフレーズは波乱な物語の幕開けを感じさせるようですね。

「アメク」は「叫く」と書く(意味は「大声を出す、さけぶ、わめく」)ので、題名を漢字にすると「渇きを叫く」になります。

「渇き」は雨と対照的な位置合いですが、どういう意図があるのか考察してみるのも良いかもしれません。

カワキヲアメク

カワキヲアメク

  • 美波
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
カワキヲアメク

カワキヲアメク

  • 発売日: 2019/01/30
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

雨とカプチーノ


ヨルシカ - 雨とカプチーノ(Official Video)

ヨルシカ  作詞・作曲 : n-buna

2019年8月にYouTube上に公開され、2020年6月現在の再生回数は1800万回以上。

跳ねるようなベースラインやギターリフが特徴的で、Aメロではとてもグルーヴィーな足取りで進んでいきます。

しかし突如何の前触れもなくサビに入ると、力強く流れるような印象深いメロディへ変化。

この思いもよらないムードの切り替わりがジビれますね。

また、渦巻くようにとめどなく展開される映像が非常に芸術的で、カプチーノの泡の渦を彷彿とさせます。

動画のコメント欄に「どこで止めてもポスターになる」と書いている方がいますが本当にその通りだと思います。

雨とカプチーノ

雨とカプチーノ

  • ヨルシカ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
雨とカプチーノ

雨とカプチーノ

  • 発売日: 2019/08/02
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

以上になります。

 

いいな!と思える曲は見つけられましたか?

もし、いいな!と思えるような曲があったらぜひ周りの人にも教えてあげて下さい。

音楽で少しでも雨の日に彩りを加えられたらいいですよね。

 

このブログでは他にも様々な切り口で楽曲を紹介している記事を揃えていますので、宜しければそちらもご覧ください。

また、この記事を良かったと感じて頂けたら、はてなブックマーク・スター・Twitterフォロー等よろしくお願いします。

 

それではまた!